momoRin

coser
爱娜娜 ユキモモ/バンモモ/179等杂食
小演员生腐❌❌❌
乙女ゲーム
半死不活肝论文ver.

【陽夜】淡い花

昨天晚上帮社团里做比赛用的翻译的时候

写着写着发现淡花他妈好虐啊

给john爸爸跪了下来

干脆就全部写出来了

陽⇔夜中学时代,根据脑洞改了一些地方的原意,加了一些有的没的,可能会有错误,欢迎指正

随便看看虐虐狗


葉月陽(CV.柿原徹也)&長月夜(CV.近藤隆)

午前4時の夢の終りに【半夜四点在梦的最后】

白く揺らめく 君を追いかけた【追赶着泛白的模糊的你】

窓の外は雨の音だけで【窗外只有雨声】

僕らは 僕らは 夜明けに溶けてゆく【我们 融入到黎明当中】


気づかない温度で【没有意识到的你的温度】

忘れさせてくれないかい?【能让我忘记他么?】

幼い僕の手が【幼小的我的手】

摘み取る 淡い花【摘取的淡色的花】


(分かっているよ)【我明白的啊】

(笑っているよ)【笑吧】


街を歩く誰も知らない【漫步街头 无人知晓】

花の匂いに 胸を踊らせた【花香四溢 心中雀跃】

独りきりの空が傾いて【独自一人 仰望天空】

僕らは(僕らは) 僕らは(僕らは)【我们】

よく似た影を引く【有着相似的影子】


大人になる前に【在长大成人之前】

履きつぶして捨てたんだ【舍弃破碎的过去】

だけど思い出して【但是还是会想起】

同じ色 探すから【寻找与我同色的你】


あの日 きっと僕ら 毛糸のように【那一天 我们一定 像是毛线一样】

小さくなって 見えなくなって【变小 不见】

お互いの想い 胸に隠して【把相互的思念 藏在心里】

笑顔の奥で 泣いていたんだ【在笑容外表的内侧 独自哭泣】

踏み出せないまま 飲み込んだ声【就这样止步不前 强忍住的哭声】

小さくなって 見えなくなって【变小 不见】

思いがけない言葉がこぼれた【无法传达出思念的话语不断说出口】

サヨナラなんて 言いたくないけれど【再见什么的 不想说出口 却】


窓の外の雨がきらめいて【窗外的雨声滴滴答答】

僕らは(僕らは) 僕らは(僕らは)【我们】

静かに離れてく【安静地 互相远离】


終わらないトワイライト(終わらないトワイライト)【永不熄灭的长明灯(没有尽头的疏远)】

吹き消してしまいたいよ(吹き消してしまいたいよ)【真想把它吹灭啊(该如何化解)】

答えを秘めたまま(秘めたまま)【将回答藏在心底(就这样藏在心底)】

聴か(聴か)せて(せて)【让我听听吧(你开心的笑声)】

もう一度【再一次】


今も そっと抱いた はかない夢が【现在所拥抱的 虚幻的梦】

小さくなって 見えなくなって【变小 不见】

仮面の自分を 捨てられなくて【无法舍弃 戴着假面的自己】

泣いていたんだ 【想哭】

(↓夜↑葉)泣いているんだ【在哭】

踏み出せないまま 飲み込んだ声【就这样止步不前 强忍住的哭声】

小さくなって 見えなくなって【变小 不见】

思いがけない言葉がこぼれた【无法传达出思念的话语不断说出口】

サヨナラなんて 言いたくない【再见什么的 不想说出口】


だけど きっと僕ら 毛糸のように【但是 我们一定 像毛线一般】

小さくなって 見えなくなって【消失 不见】

お互いの想い 胸に隠して【将对你的思念 藏在胸口】

笑顔の奥で 泣いていたんだ【在笑容的里侧 哭泣不止】

それでも 君の名前を呼ぶんだ【就算如此 也要呼喊你的名字】

小さくたって 見えなくたって【就算会消失 就算会不见】

行方も知れない願いに【不知何从的愿望】

花を 咲かせるように【希望能像花儿一样开放】

白く 淡い花を【洁白的 淡色的花】


评论

热度(41)